つながり続け、輝き続けるためのインフラを支える

業務の流れ

知識・技能・経験を積んだプロフェッショナルが緻密な設計と工事計画に基づいて鉄塔などの送電設備を建設しています。時には人里はなれた山奥での作業もありますが、チームワークを第一に業務に取り組んでいます。

事前調査・測量
建設予定地周辺の測量、工事着手に伴う諸条件の調査を実施し、工事範囲を決定。地域環境に対応した工法を立案します。
施工計画の作成
調査・測量結果に基づき、必要な条件を満たす送電設備を構築するための具体的な施工計画書を作成します。
基礎工事
鉄塔と送電線を支えるための基礎を造ります。施工計画書に基づいて掘削→脚材据付→配筋→コンクリート打設という段取りで工事し、新設鉄塔の基礎部(脚部)を設置します。
鉄塔組立工事
等辺山形鋼や鋼管などで構成された部材を組み合わせて鉄塔を造ります。高さ100mを超える巨大なものもあり、大型クレーンなどを使って組立てます。
架線工事
鉄塔間に電線を張る架線工事を行ないます。3~5km程度を1区間として、細いロープから太いワイヤロープ、電線へと引き替え、長さを調整しながら設定された張力でがいし装置に取り付けます。
品質検査
仮設設備を撤去し、定められた性能、安全性、耐久性など、指定の品質を確保しているかを検査します。
設備引き渡し~送電
最終検査に合格した送電設備を発注者へ引き渡し、使用開始となります。
保守・点検
定期的な点検と保守により送電の安全を確保します。